まだデータがありません。

top

2016/12/05 @鹿児島大学『SHIMODOZONO CAFE』

2016/11/20 インターンシップ専用ページオープン

社名 株式会社 下堂園
本社所在地 鹿児島県鹿児島市卸本町5-18
代表電話番号 099-268-7281
FAX 099-267-1503
代表取締役社長 下堂薗 豊
副社長 下堂薗 元
専務取締役 岡 秀実
常務取締役 堀 岩男
取締役 下堂薗 ひとみ
取締役 松崎 俊一
監査役 坂元 直純
設立年月日
創業 昭和29年3月1日
有限会社設立 昭和37年2月1日
株式会社設立 平成3年2月1日
資本金 23,000,000円
主要取引銀行 鹿児島銀行卸本町支店
1954年 3月 先代社長、鹿児島市高麗町にて創業 社員数1名
1962年 2月 有限会社下堂園茶舗を設立
1972年 5月 茶業団地開設とともに、鹿児島市南栄町(現流通センター)へ移転
1974年 業界に先駆けコンピュータシステム導入
鹿児島市小松原に社宅6棟建設
1977年 3月 東京都杉並区に東京営業所を開設
1980年 11月 先代社長の死去にともない、現社長が就任
1982年 小袋包装加工工場を新設
1990年 9月 海外の国際見本市SIAL1990(パリ・国際食品展)に初出展
1991年 2月 株式会社下堂園を設立
3月 包装工場及び冷凍冷蔵庫を新築
9月 国際見本市ANUGA1991(ケルン・世界食品メッセ)に出展
1992年 3月 成分分析・新商品開発研究所を併設
9月 茶海外取引を開始(ドイツALLOS社)
1995年 10月 ヨーロッパにおける有機栽培茶に関しての認証を
ドイツの認証機関より取得
1998年 2月 鹿児島県川辺町に関連会社、農業生産法人有限会社ビオ・ファームを設立
10月 ドイツに現地法人・Shimodozonoインターナショナルを設立
1999年 8月 北海道帯広市に北海道営業所を開設
11月 現住所に本社ビルを建設し、本社機能を移転。
2000年 2月 本社ビル1Fにティースペース・ラサラをOPEN
2001年 3月 日本農林規格有機JAS認証を有機認証機関より認証取得
2002年 4月 品質管理システムISO9001:2000、JISQ9001:2000を
認証機関より認証取得
2005年 4月 鹿児島市荒田にティースペース・ラサラ本店をOPEN
11月 食品産業優良企業等表彰の食品産業部門で農林水産大臣賞を受賞
2006年 3月 鹿児島県農業開発総合センター、鹿児島県立短期大学との共同で、
べにふうき新商品開発研究会を設立
2007年 お茶の水女子大学との産学連携商品のレシピ茶シリーズ発売開始
2008年 「下堂薗」プライベートブランド発売開始
2012年 7月 鹿児島市中央町に「下堂薗茶舗」をオープン
2012年 8月 鹿児島中央製茶㈱と経営統合
2014年 7月 Botanicalプロジェクトスタート
2014年 12月 ボトリング吟穣茶発売開始
2015年 2月 Shimodozonoインターナショナルの「KEIKO」ブランドをアジア展開開始

事業所名 株式会社下堂園
募集職種  

「お茶の淹れ方は人それぞれ。私たちが作った茶葉は、ベストな状態で飲まれているのだろうか?」。そんなシンプルな問いかけから下堂園が本当に美味しいと思う最高のに仕上げたお茶を届けた届けたいと開発されたのが、ワインボトルに茶葉の良さを凝縮させたお茶を詰めた「ボトリング吟穣茶」です。ボトリング事業部ではこのボトリング吟穣茶の研究・開発・製造、販売などの業務を行っています。ボトリング事業部のインターンでは、お茶の抽出方法などの研究を行い「ボトリング吟穣茶」のさらなる極みを目指すインターン生を募集しています。

通販部は下堂園と個人のお客様をつなぐ部署です。ウェブサイトでの販売だけではなく電話などでの受注、発送、管理を担っています。通販というと機械的な感じがしますが、お茶の通販では受注の多くが贈答用であるため、1つ1つの注文にはお茶を送る人の想いが込められています。通販部ではこれまでの注文を待つ受け身の通販から、生産者の想いを伝えたり、ティースタイルの提案をするような、下堂園に新しい価値を生む通販を目指しています。今回は通販部の新しい試みを一緒に試行錯誤してくれるインターン生を募集しています。

茶舗事業部は、日本茶文化の普及や日本茶の美味しさの発信を目的として、鹿児島中央駅前で営業している「下堂薗茶舗」を運営しています。下堂薗茶舗では、お茶と食事のマリアージュをテーマに、これまでにないお茶の楽しみ方を積極的に提案しています。茶舗事
業部では、お茶文化を繋いでいく入口として、若い世代に急須で飲むお茶の美味しさを体験できる機会を提供していきたいと考えています。日本のお茶文化を広める担い手の1人として挑戦したい方、お待ちしています。

商品戦略室は、将来の下堂園を支える新しい事業をつくる部署です。これまでも、上記のフレーバーティーやボトリング吟穣茶など、社内に新しいチャレンジを生み出してきました。副社長である下堂薗元のビジョンは、「下堂園に100人の経営者を育てること」。
商品戦略室のインターンでは、お茶の可能性を広げる取り組みであれば、インターンに挑戦する「あなた」からの提案も大歓迎です。経営者の右腕として0から1を生みだし茶業革命の担い手になりたい方、お待ちしています。

 

 

 

仕事内容 緑茶、紅茶製品の再生加工業務製品受入、出荷業務、総合受付業務、来客対応業務

Botanical事業部

鹿児島を代表する柑橘及び柑橘以外の果樹と鹿児島茶を組合せフレーバーティーの製造(国内向け)、日本の香りを海外に届ける商品開発として日本果樹でのパウダー製造(海外)・乾燥開発技術(着香技術)に挑戦している。また、使用する果樹栽培の地域の方々との御縁創り、使用果樹での単花蜜採取を地域の方々と協力して行い商品化を目指している。

ボトリングティー事業部

お茶の急須で飲む味わいとワイン感覚で楽しめる高級ボトリングティー製造販売事業。鹿児島県産の茶葉と水を使用したボトリング吟穣茶の研究・開発・製造、販路開拓販売業務。

雇用形態 正社員(3ヶ月使用期間あり)
給与 大学院卒 175,000円~185,000円
大学・高専卒 165,000円~175,000円
勤務地 鹿児島県鹿児島市卸本町5-18(本社)鹿児島県鹿児島市南栄3丁目11(流通センター)
休日休暇 年間変動労働時間制(会社規定による)
年間89日
勤務時間 ■平日:夏時間(8:00)~(17:30):冬時間(8:30)~(17:00)
■土曜日:
■日曜/祝日
募集期間 2017年春スケジュール調整中
応募資格 2017年4月に入社可能な、国内・海外大学(院)を卒業または卒業見込みの方
※1 短期大学、工業高等専門学校(専攻科)、大学院を含む。
求める人物像 1.志を持っている(たてる力がある)人。何のために働くかを考えられる人。人生への興味がある人。
2.共創的な対話力、コミュニケーション能力がある人。多様性を受け入れられる、複雑性を理解できる。
<㈱下堂園が考える人間力>
親しみと尊敬を感じる/失敗に寛容で、おおらか/仕事を部下にまかせる/聞き上手/
いかなる提案に対してもオープンで真摯に検討する/快活で、ジョーク(おやじギャグを含む)が多い/
どっしり構えており、冷静で、何事にも動じない/部署や会社の進むべき方向性に関して明確なビジョンがある/
状況が悪くても、不屈で前向きな精神を失わない/他人や他の部署の批判をあまりしない/
物事を一段高いところから見る事ができる/地位の上下にかかわらず、人間として接する/
チームを目的に向かって燃え立たせるのが上手/一人ひとりの貢献、チーム全体の功績を正当に評価する/
部下の気持ちをよく汲む/結果よりもプロセスを重視する/新しい事に挑戦する意欲がある/
部下の成長を常にサポートする/頭が柔らかく独創的/楽しそうに働いている/
選考プロセス 2017春スケジュール調整中
福利厚生 資格支援制度・財形積立制度・退職金制度・リフレッシュ有給休暇
その他

 

2017/04/04